群馬県国民年金基金で「今と老後にゆとり」を!国民年金の保険料を納めている方が加入できる、老後を豊かにする年金制度です。皆様の人生設計をサポートします!

 

よくあるご質問

 

加入できる人

加入できる人
 
Q.国民年金基金にはどのような人が加入できますか?
A.日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の自営業者やフリーランスなど(国民年金の第1号被保険者)の方が加入できます。また平成25年4月から、60歳以上65歳未満で国民年金に任意加入している方も国民年金基金に加入できるようになりました。 国民年金基金へ加入する場合には、国民年金の第1号被保険者の資格の取得が必要です。まだ資格を取得してない方は、お住まいの市区町村役場で国民年金の資格取得の届出を行なってください。
 
Q.国民年金の保険料を納めていなくても、国民年金基金に加入できますか?
A. 加入できません。国民年金基金は国民年金(老齢基礎年金)に上乗せする年金制度です。そのため、国民年金本体の保険料を納めていない人や、保険料を免除(一部免除・学生納付特例・若年者納付猶予を含みます)されている人は加入できません。 加入後も、国民年金の保険料を納めていない期間に国民年金基金の掛金を納めても、基金の掛金はお返しすることになります。また、将来、基金からその期間の年金は受けられません。
 
Q.地域型国民年金基金と職能型国民年金基金の両方に加入できますか?
A. どちらか1つの基金にしか加入できません。また、職能型基金は職種単位で全国に1つ設立されるものです。職能型基金が設立されていない職種の方は職能型基金に加入することはできません。
 
Q.基金を自由に脱退したり、移動したりすることはできますか?

A. 国民年金基金への加入はご自分の意志で決定できます。しかし、加入した後は自己都合で脱退したり、ほかの国民年金基金に移ることはできません。 ただし次の場合は、加入資格に当てはまらなくなるため、脱退することになります。

地域型基金に加入している方が、ほかの都道府県に転居した場合
職能型基金に加入されている方が別の職種に変わった場合
国民年金の第1号被保険者でなくなった場合 など

住所や職種が変わって脱退したときには、3ケ月以内に新しい住所や職種の国民年金基金に加入を申し出れば、以前と同じ掛金で継続して加入できます。

 
Q.途中で加入資格を失って脱退すると、給付はどうなりますか?
A. 加入期間が短くても、納めた掛金については、将来、年金として受け取ることができます。
一般の個人年金のように、解約したときに戻ってくるお金(解約返戻金)などはありません。
加入期間が15年未満で加入資格を喪失した場合は、加入していた基金に代わって国民年金基金連合会から年金等をお受け取りいただきます。
60歳まで加入していた方で、加入期間が15年未満のときは、最後に加入していた国民年金基金から年金をお受け取りいただきます。
<<群馬県国民年金基金>> 〒371-0023 群馬県前橋市本町1丁目4番4号 損保ジャパン日本興亜前橋ビル5階 TEL:027-223-6776 FAX:027-223-6779